格安激安超安の海外旅行ガイド 

激安・格安なんて目じゃない!お金儲け海外旅行術!

地球サイズで格安旅行だ!世界各地へ世界一周へ様々な海外旅行の最新テクニックをあますことなく公開します。

サイトマップ

欲ばりバカンスしたいならインドネシアの島々へ!

海外のビーチリゾートには何をお望みですか?



気軽に行けて、水浴はもとよりさまざまなマリンスポーツフィッシングやスキューバダイビングなどのマリンアクティビティーが楽しめて、街を散策する楽しみもあって、物価もほどほど、食事も飽きのこない日本人好みのものが豊富、などなど・・・人それぞれに思いいれがおありでしょう。

土産話としてはグアム、ハワイもよいでしょうが、こうした好みのすべてを満足させるというわけにはいきません。

そこにいくと、過去に“戦争”という暗い歴史はあるけれども、親日家も多い東南アジアの観光ビーチは平均的に合格点がつけられるかもしれません。

とりわけ、不思議な日本語を話すご老人も多いと聞くインドネシアは、バリ島をはじめとする魅力的な島々が多く、日本人の肌に合う近場の海外リゾートビーチかもしれません。

バリ島の中心地・デンパサールへは、キャセイ航空なら早朝着の早期特別割引で1週間程度の渡航なら、香港経由の格安航空券が往復4万3千円から利用できます。

そのほかアジア系の航空会社なら、JALとガルーダインドネシア空港の組み合わせ、シンガポール航空が往復で8万円前後。

ノンストップのガルーダインドネシア航空で10万円台の中ほど。

旅行会社のパッケージツアーでも4日間で5万円中盤から8万円台と、かなりお手頃です。

老若男女誰でも楽しめるバリ島

バリ島が観光地としてその名を知られるようになったのは20世紀の後半からで、そのきっかけとなったのは島の中心都市・デンパサールからわずかな距離の島南端海浜のサヌール。

民間大規模資本により観光開発された大型のリゾートビーチです。

その無秩序さへの反省から、サヌール近くのヌサドゥアでは政府主導による高級ビーチリゾートの開発が進められ、世界有数のホテルが林立する一大リゾート地へと発展しました。

これらのビーチはバリ島マスツーリズムのメッカ、「マリンアクティビティなら何でもあり」も不思議ではありません。

島の北部は東西に火山脈が走り、バリ・ヒンドゥーにおいて信仰の山とされるアグン山(標高 3,142 m)やキンタマーニ高原で知られるバトゥール山(標高 1,717 m)などいくつもの火山があり、バトゥール山近辺では温泉も湧き出しています。

そこから南下する丘陵地帯は、火山脈に位置するブラタン湖などの湖水からの流れが下流域に向かって分岐しています。

その分岐と水量は古来より人手により案配されてきたもので、「スバック」と呼ばれる伝統的な水利組織によって21世紀の現在でもその自然環境と共に維持されています。

そして、この水系によって山系から南側になだらかに下る丘陵には緑あふれる肥沃な大地が広がり、「棚田(たなだ)」に見られるように、農業を柱とする伝統文化が今でもしっかりと保存されています。

20世紀終盤には、ヌサドゥアのような大規模開発とは対極をなす、バリの村の日常的な生活、伝統文化を観光客が体験できる「観光村」の整備も進められ、プングリプラン、ジャティルイの2村が造られました。

また、山側のリゾート地・ウブドにある「芸術の村」はオランダ植民地時代から知られていて、今でも伝統のバリ舞踊やバリアートを見学でき、ろうけつ染めの一種「バティック」などの染色、竹細工製品といった伝統的な文化や工芸品の数々を目にすることもできます。

空港近くのデンパサールは島の商業の中心地で、バリモール、マタハリなど住民の通うショッピングモールや、手工芸品、織物市場(いちば)のパサールクンバサリや食品市場のパサールバドゥンバリ、州国立博物館やププタン広場などの散策も楽しみです。

しかも、バリでは高層建築が厳しく規制されているので、どこからでも青空が仰げ、観光の雰囲気を盛り上げてくれるます。

と、紹介すれば老若男女の別なく、充実したリゾートを楽しめることがおわかりいただけることでしょう。


東隣はロンボク島、西の隣はジャワ島

バリ島東海岸にあるチャンディダサは、ほんの少し前までは地元漁師の部落と鮮やかな帆をなびかせたジュクン(地元のいかだ型ヨット)が行き交う小さな村でした。

アムック湾に面したサンゴ礁の美しさや、クタ、サヌール等の人の多さに嫌気がさした欧米人が徐々に移り住み、10年一昔を思わせる‘清閑な’リゾート地に変身しつつあります。

東海岸のツーリストリゾートとしても注目され始めています。

といっても、ホテルやレストラン、レンタカー屋さん、ヘアーサロン、そしてバンガローなどが立ち並ぶ街の中心街はわずか500 mほどですから、クタ、ヌサドゥア、サヌール等のリゾート地と比べれば、その静けさとのんびりした雰囲気は雲泥の差があります。

南海に島を並べて貼り付けたようなインドネシアですから、バリ島が目的地といっても大型リゾート地だけにこだわる必要はありません。

東隣のロンボク島へは、格安の順でいくとフェリー、飛行機、高速ボートの便が利用できます。

旅行者としての移動の便利さ、つまりコストパフォーマンスは、少々お高くても高速ボートが一番です。

北部にはリンジャニ山(3,726 m)がそびえ、南麓にはサバンナ広がり牧畜が盛んで、米、藍、コーヒーの産地。

バリ島との間のロンボク海峡には世界の動物地理区を分ける「ウォーレス線」が通っていて、ロンボク島側はニューギニアやオーストラリア系動物との類似性が高いといわれています。

旅行者にはそんな区別はわかりませんが、ロンボク島はまだバリ島ほどに観光開発の手が入っていない、というより開発が今まさに進みつつあるといった現状で、現代風リゾート地よりも‘素朴にのんびり’と19世紀風のリゾートを好まれる方や、ダイバーずれしていない美しいマリンブルーをお好みの方には、バリ島と同名の「クタ」や「タジュナン」ビーチがオススメです。

タジュアンビーチは手付かずの自然とその美しさからインドネシアのベストビーチにも選ばれていて、プライベートビーチのようなリゾートを満喫できそうです。

また、首都ジャカルタのある西隣のジャワ島へはフェリーに揺られる直通バスも出ています。

バリ島に逗留するもよし、ジャワ島からバリ、ロンボク島と島巡りをするのもよし、そこはあなたのお好み次第です。

●航空業界機密事項流出!●海外旅行に無料で行ける秘密の方法を完全暴露!
あなたはゼイタクを格安にキメたい派or安けりゃいいってもんだ派!?
あなたは正規運賃も使っている派or格安航空券にこだわる派!?
あなたは余裕たっぷりの長期旅行派or時間に制約のある短期旅行派!?
あなたはお得な航空券の窓口は旅行会社と信じる派or航空会社でも安く購入できると思う派!?
あなたは利用航空会社のブランドにこだわる派or社名や機種には無関心派!?
あなたは航空券を国内でしか買わない派or海外の安いところでも購入している派!?
あなたはいつも成田一本やり派or地方出発も考えている派!?
あなたはできるだけあちこち回りたい周遊タイプor目的地に直行し一ヵ所に滞在するタイプ!?
あなたは航空券を次の旅につなげる派or一回ポッキリ派!?
あなたは目的地へのアクセスだけを考えている派orアクセス+イン/アウトに注目している派!?
冬、春はぜったいアジア、オセアニアだ
韓国からオーストラリアまでCクラスの使い方
国内旅行より安い東アジアへ足を伸ばしてみよう
成田からバンコック、シンガポール、マレーシアへのお得な情報
南アジアへはどうアプローチする?
オセアニア方面へのキャリア別比較
「南の島」でゆったり過ごすビーチリゾート
メンドウな成田発よさらば、地方発格安券を捜せ
東南アジアを格安で周遊する秘訣
欲ばりバカンスしたいならインドネシアの島々へ!
ピークシーズンの海外旅行は香港発でSave Money
これぞ極楽旅行!世界一周への招待
ヨーロッパへの陸路も、捨てたもんじゃない
東京−ヨーロッパ便選びのコツ
こんな使い方ご存知? 日本発特別運賃
いまどき、Yクラスだけが旅じゃないヨ
インド洋のリゾート巡りは香港をベースに
アドオンを利用しない手はない
ノーマルがお助けするヨーロッパ周遊の醍醐味
ヨーロッパ内の格安航空券は航空会社で!
域内周遊の決め手は「エアパス」
中東、北アフリカへの格安チケット総点検
ナイロビを出発地として、レッツゴー格安旅行
アメリカへはロンドン発が格安
スペシャル・チケットで行く「カリブの休日」
世界一周もできるロンドン発豪州行きスペシャル・チケット
インド洋をめぐる回遊タイプのいろいろ
会員制VIPルーム「エアラインクラブ」のおすすめ
アメリカ国内なら、価格も便利さもやっぱり米国系航空会社
間違いだらけの「日本から南米への上手な飛び方」
とにかくエアパスを上手に使いこなすこと
予定外の移動なら、航空会社のキャンペーン航空券をねらえ!
「ウィスラーに連れてって!」
カリブ海への旅・航空券大研究
南米を周遊する航空券のあれこれ
アメリカから世界へ・・・
注意
添乗員夫婦が書く世界旅行ブック
リンク集
海外旅行で得する7つの秘密〜返金保証あり!!
【再販権付】魅惑の世界ツアー〜世界の旅行スポット〜
旅行アフィリエイトHTV

魔法の金運アップの方法 -秘密の7法則-
jaローン 金利





























格安激安超安の海外旅行ガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。